/

この記事は会員限定です

漁業者「開門し有明海再生」/国側「漁業権は消滅」

諫早干拓上告審で最高裁弁論 司法判断「ねじれ」解けるか

[有料会員限定]

国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡る訴訟の上告審で、潮受け堤防排水門の開門に応じない国と、開門を求める漁業者側の意見を聴く弁論が26日、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)で開かれた。国と漁業者側は弁論で、開門を命じた確定判決に従わない国への制裁金の是非について双方の主張を展開した。最高裁の判決期日は近く指定される見通し。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン