グーグル親会社アルファベット、19%増収
4~6月、広告事業が堅調

2019/7/26付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【シリコンバレー=中西豊紀】グーグル親会社の米アルファベットが25日に発表した2019年4~6月期の決算は、売上高が前年同期比19%増の389億4400万ドル(約4兆2300億円)だった。主力の広告やクラウドが伸びた。純利益は前年同期比約3倍の99億4700万ドル。前年に計上した欧州連合(EU)の制裁金の影響がなくなり反動増となった。

グループの売り上げ全体の約8割を占めるグーグルの広告事業は、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]