/

この記事は会員限定です

宇宙で試験研究 ニーズ対応

スペースBD社長 永崎将利氏

[有料会員限定]

国際宇宙ステーション(ISS)の日本の実験棟「きぼう」から企業の手で衛星を放出する事業が本格的に始まる。担当企業の一つ、スペースBD(東京・中央)の永崎将利社長は宇宙での性能実証を目的とした超小型衛星を中心に事業を手がけるとし、きぼうの船外試験施設の利用と併せて宇宙での試験研究のニーズにこたえたいと話す。

超小型衛星を宇宙に運ぶ手段は主に3つある。まず大型ロケットで通常の衛星と一緒に飛ばす相乗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り598文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン