日産新体制「企業統治、運営が課題」 取締役会議長が説明

2019/7/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日産自動車の木村康取締役会議長(JXTGホールディングス相談役)が24日、6月の定時株主総会で就任して以来初めて報道陣の取材に応じた。指名委員会等設置会社への移行など新体制について説明し「健全な企業統治への形はできた。運営が課題で、きっちりしたい」と述べた。

新体制は取締役の過半を社外取締役とした。元会長のカルロス・ゴーン被告による不正報酬問題の一因となった権限の集中を改善し、経営の透明性を高め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]