ガス管劣化、AI予測 東邦ガス 米新興企業と組み実験

2019/7/25付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

東邦ガスは24日、米スタートアップのFracta(フラクタ)と組んで、ガス管の劣化度合いを予測する実証実験を始めると発表した。フラクタの人工知能(AI)技術と、土壌や人口など1000以上のデータを組み合わせ、システム上でガス管の劣化情報を一覧できるようにする。2020年3月期にアルゴリズム(計算方法)の構築を目指す。

ガス管は土壌の性質や埋設地の周辺環境で劣化度合いが異なるが、事前に予測する手段…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]