日本 安保の正当性が焦点
輸出規制巡りWTOで議論へ 韓国「提訴を準備中」

2019/7/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界貿易機関(WTO)の一般理事会が23日、スイス・ジュネーブで始まった。日本と韓国が半導体材料の対韓輸出規制を巡り討議する。双方が正当性を主張して加盟国に理解を求めるが、WTOルール違反にあたるかどうかの議論は平行線に終わる見通しだ。韓国はWTOへの提訴の準備を進めており、「安全保障上の適切な措置だ」とする日本の主張が認められるかが焦点になる。

WTOの一般理事会は2年に1度の閣僚会合を除けば…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]