富士電機、「アリペイ自販機」で中国開拓 隠れたキャッシュレス関連株に

2019/7/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界屈指の「自動販売機大国」日本の設置台数は約240万台に達する。そのシェアの5割をおさえるのが富士電機だ。産業機器向けパワー半導体の失速で株価は勢いを欠くなか、中国での自販機事業を本格化する方針を打ち出した。キャッシュレス化の拡大という追い風を生かせるか。

中国・上海のローソン店頭。営業中は通常の冷蔵棚として機能し、夜間の閉店後に外側が自販機になる富士電機の新型自販機が目を引く。中国でこの新型…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]