/

この記事は会員限定です

富士電機、「アリペイ自販機」で中国開拓

隠れたキャッシュレス関連株に

[有料会員限定]

世界屈指の「自動販売機大国」日本の設置台数は約240万台に達する。そのシェアの5割をおさえるのが富士電機だ。産業機器向けパワー半導体の失速で株価は勢いを欠くなか、中国での自販機事業を本格化する方針を打ち出した。キャッシュレス化の拡大という追い風を生かせるか。

中国・上海のローソン店頭。営業中は通常の冷蔵棚として機能し、夜間の閉店後に外側が自販機になる富士電機の新型自販機が目を引く。中国でこの新型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン