/

この記事は会員限定です

参院選、国民の羽田氏圧勝 県内「政権、政策が不十分」

中小への支援求める声

[有料会員限定]

21日投開票の参院議員選挙は、改選議席過半数を獲得する与党側の勝利となった。ただ改選定数1の長野選挙区では、国民民主党現職の羽田雄一郎氏が自民党の小松裕氏を破り5選を決めた。投票率は2016年から8.57ポイント下げ、補選を除けば過去最低だった。県内経済界からは現政権の経済政策や地方創生政策が十分でないといった指摘もあり、中小企業などへの支援を求める声が上がった。

羽田氏は当選から一夜明けた22日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン