2019年8月20日(火)

首相、改憲論議「柔軟に」
自民案とらわれず 景気下振れなら経済対策

2019/7/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相(自民党総裁)は22日、参院選の結果を受けて党本部で記者会見した。憲法改正に前向きな「改憲勢力」が3分の2を割ったことを踏まえ「与野党の枠を超えて3分の2の賛同が得られる案を練り上げたい。自民案だけにとらわれず柔軟に議論する」と述べた。経済政策に関しては、景気の下振れには財政出動で対応する考えを示した。

参院選の結果、自民、公明両党と日本維新の会をあわせた改憲勢力は160議席にとどま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。