投票率、24年ぶり50%切る見通し

2019/7/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本経済新聞社の推計によると、21日の参院選の投票率は48.11%前後となり、過去2番目の低水準となる見通しだ。50%を割り込むのは過去最低の44.52%を記録した1995年以来、24年ぶりとなる。有権者の関心を呼ぶ争点を野党がつくれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]