野党再建、険しい道
「年金」追及は不発 立民・国民民主に溝

2019/7/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

参院選で野党勢力は年金問題などを追及したが、支持は広がりを欠いた。選挙後は立憲民主党の野党第1党が確立するが、国民民主党との溝を埋めるのは容易ではない。再建への道は険しい。

立民は改選の9議席から伸ばしたが、複数区の東京や大阪、京都、兵庫などで落選する候補が出た。同党幹部は選挙戦で「年金問題が思ったよりも響いていない」と分析していた。当初は老後資産2千万円問題が追い風になるとにらんだ。

立民は「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]