買収ファンド肥大化 上期投資枠、最高の260兆円
カネ余りで資金集中

2019/7/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】企業やインフラに投資する世界の買収ファンドが肥大化している。米投資会社ブラックストーン・グループなどが大型ファンドを立ち上げ、投資可能な「待機資金」は2019年6月末時点で約260兆円と過去最高になった。低金利下の運用難で、年金基金などが高い収益を求めて資金を振り向ける。米国が利下げすれば一段と過熱しかねず、買収価格の高騰などファンドバブルの懸念も強まっている。

米ブラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]