2019年9月17日(火)

戦争の境目見えづらく 山口昇・笹川平和財団参与(元陸将)

2019/7/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

山口昇・笹川平和財団参与(元陸将) 無人機は、人員を危険にさらさず、比較的安価に運用できるため、攻撃のハードルが低い。攻撃の程度も器物を破損させるレベルから、国家による大規模な武力行使まで幅広く、戦争に至る境目が見えにくくなっている。

無人機は1990年代までは、高度な技術が必要で、コストも高く、保有が難しかった。しかし、ここ10年ほどで機体制御技術などが向上し、安価で入手できるようになった。軍…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。