2019年8月23日(金)

無人機使った意図重要 小川和久・静岡県立大特任教授

2019/7/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

小川和久・静岡県立大特任教授 無人機は偵察活動にくわえ戦闘でも広く普及してきた。緊張関係にある国家間で無人機が撃墜されても、即座に軍事衝突につながるわけではなく、無人機運用の意図に左右される。ミサイルを搭載した無人機を艦船などに接近させた場合、艦船側は攻撃の意図があると判断し、かなり距離をとった場所から撃墜する。攻撃的な無人機を運用した相手側との緊張は高まる。

今回、米艦船がイランの無人機を撃墜…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。