2019年8月26日(月)

サンマ漁獲枠、冷静な受け止め 水産・外食など

2019/7/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本や中国など8カ国・地域が参加する「北太平洋漁業委員会」が2020年からサンマの漁獲量に年55万6250トンの上限を設けることを決めた。水産大手やスーパー、外食などでは冷静な受け止めが広がる一方、一部では影響を懸念する声も出ている。(総合4面参照

マルハニチロは「55万トンは実際の漁獲量よりも多く、規制の効果は少ないのでは」とみる。枠組みに参加する国と地域の18年の漁獲量の実績は合計44万ト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。