オークマ、本社工場に新棟 中小型旋盤 部品組み立て
IoT活用、生産性2倍に

2019/7/23付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

工作機械大手のオークマは中小型の旋盤などの組み立て棟を本社工場(愛知県大口町)に新設する。2020年度にも着工し、隣接する部品棟と一貫生産の体制が整う。中国経済の減速懸念などで工作機械の受注が苦戦するなか、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」などの活用で生産性を2倍に高める。

新しい組み立て棟は21年度の完成を見込む。本社工場では17年に中小型旋盤と研削盤の部品を生産する工場が完成。生産した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]