放火で多数被害、過去にも相次ぐ

2019/7/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

多数の人的被害が出る放火事件は過去にも相次いでいる。

神戸市で2000年3月、テレホンクラブ「リンリンハウス」に火炎瓶が投げ込まれ、客4人が一酸化炭素中毒で死亡した。01年5月には青森県弘前市の消費者金融「武富士」弘前支店に男が押し入り、ガソリンの混合油をまいて放火…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]