2019年8月23日(金)

住友鉱、視界不良のニッケル 株価、18年高値の半値近く

2019/7/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

住友金属鉱山がフィリピンで運営するニッケル製錬所を巡り、投資家の懸念が強まっている。2019年3月期に操業トラブルが多発し、電気自動車(EV)向けに需要が伸びるニッケルの減産を余儀なくされたためだ。同製錬所は同社が世界で初めて商業化した製錬技術を採用しており、技術力の象徴だった。株価は18年の高値の半値近くに沈んでいる。

「事業基盤が脆弱化の兆候を見せ、稼ぐ力が落ちているのではないか」。5月の経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。