2019年9月16日(月)

ヤマップ、登山 圏外でも居場所発信 すれ違いで情報記録 遭難発見の手掛かりに

2019/7/19付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

登山用地図アプリのヤマップ(福岡市)は電波の届かない山中でも登山者の位置情報を記録し別の人に伝えられるサービスを始める。近距離無線通信「ブルートゥース」により、すれ違った登山者同士で位置情報を交換。どちらかが電波圏内に入ると、あらかじめ登録したそれぞれの家族などにすれ違った地点や時刻の情報を送る。遭難時の早期発見に役立てる。

アプリ「ヤマップ」は電波の入らない山中でも全地球測位システム(GPS)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。