広島でファンド新設 地元機構が60億円規模 事業承継など支援

2019/7/19付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

広島県などが出資する官民ファンドを手掛けるひろしまイノベーション推進機構(広島市)は18日、地元企業や広島で事業を手掛ける県外企業を対象にしたファンドを新たに設立すると発表した。地元の金融機関や事業者など約20社から資金を集め、11月をメドに60億円規模の組成を目指す。企業向けの投資を通し、事業拡大や円滑な事業承継などを支援する。

ファンドの名称は「ふるさと連携応援ファンド」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]