2019年8月23日(金)

メルカリ、最終赤字120億円
前期、スマホ決済など先行投資

2019/7/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

フリーマーケット(フリマ)アプリ大手メルカリの2019年6月期の連結最終損益は、120億円程度の赤字(前の期は70億円の赤字)となったもようだ。18年6月の上場以降、最終赤字は2年連続。当面は利益確保より将来の成長を重視するとして、米国事業やスマートフォン決済に先行投資を続けている。

売上高は45%増の520億円前後になったとみられる。20年6月期はスマホ決済への投資拡大により、最終赤字幅がさら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。