/

この記事は会員限定です

7月19日、普天間移設で鳩山氏「最低でも県外」

[有料会員限定]

2009年7月19日、民主党の鳩山由紀夫代表は、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の移設先を「最低でも県外の方向で積極的に行動したい」と発言した。政権交代をかけた衆院選を1カ月後に控えたタイミングだった。

日米両政府は06年5月に同県内で在日米軍施設を再編する「最終報告」で合意し、県も事実上、移設案を受け入れていた。09年9月に鳩山氏が首相に就くと、辺野古への移設は事実上白紙となった。政府は嘉手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン