米、貿易摩擦の影 非製造業に
地区連銀報告「緩やかに成長」は維持

2019/7/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)が17日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)は、5月中旬から7月上旬にかけて米経済が「緩やかな成長を続けた」と総括判断した。企業の景気見通しは「全般には明るい」としたが、中国などとの貿易摩擦の悪影響が製造業以外にも広がっている点も指摘した。

同報告は米経済は「緩やかなペースで拡大」したと述べ、前回から景気判断を維持した。小売売上高は「大半の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]