2019年8月25日(日)

春秋

2019/7/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ツチタケ、タマゴタケ、アカヤマドリ――。山梨県北杜市にある「レストラン亜絲花(あしはな)」のシェフ、藁谷和紀さん(39)に夏キノコの存在を教わった。八ケ岳周辺では6月後半の梅雨入りがシーズンの始まりだ。土中で息を潜めていた菌が雨を得て、一斉に森をにぎわす。

▼藁谷さんは北杜市に移住した5年ほど前に夏キノコと出合った。家族にほめられるのがうれしくて、子供のころから籠いっぱいキノコを取った。しかし、そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。