2019年8月18日(日)

石炭火力 CO2利用実証へ 商用化へ日米連携
環境負荷軽減をアピール

2019/7/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日米両国は石炭火力発電所から出る二酸化炭素(CO2)の再利用で連携し、建材の原料に再生する技術の共同開発に乗り出す。石炭は液化天然ガス(LNG)よりも温暖化につながるCO2の排出が多く、機関投資家に石炭火力への投資を控える動きが広がっている。欧州などが「脱・石炭」の動きを強めるなかで、再利用技術の商用化を急いで環境負荷の軽減をアピールする狙いだ。

日米の関係機関として日本の石炭エネルギーセンター…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。