/

この記事は会員限定です

M&A、データ管理に死角

米マリオット、買収企業の情報漏洩で制裁金

[有料会員限定]

買収先企業のデューデリジェンス(資産査定)の際に個人情報保護のリスクを精査する必要性が高まってきた。英当局は近く、顧客情報を漏洩した米ホテル大手マリオット・インターナショナルに制裁金を科す方針だ。買収した会社のシステムが脆弱で、「買収時のデューデリが不十分」と指摘した。世界でデータ保護法制が厳しくなるなか、M&A(合併・買収)に臨む日本企業もデータ・デューデリジェンスが欠かせない。

GDPRに違反

英情報保護当局は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1440文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン