/

この記事は会員限定です

「最低」に張り付く賃金

打開のカギ、生産性向上に

[有料会員限定]

日本の賃金分布に異変が起きている。最低賃金(総合2面きょうのことば)の引き上げにつれ、その水準に近い時給の人たちが増えた。人手不足の日本で多くの人が最低水準に張り付くのは、生産性が低い仕事が温存されたままだからだ。21日投開票の参院選でも、多くの政党が最低賃金の引き上げを公約にした。日本全体の賃金水準を高めるには、自動化の積極推進やデジタル人材育成などの政策を同時に進めていく必要がある。

日本の最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン