2019年8月23日(金)

予防医療の都道府県交付金 「努力」に応じて増減 厚労省、減点方式を導入

2019/7/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省は、都道府県による予防医療への取り組みに応じて財政支援する制度を見直す。生活習慣病を予防するためのメタボ健診の実施率などで「努力」を加点して交付金を増やす仕組みに加え、新たに努力不足の減点方式も入れる。予算総額も2倍の約1000億円に増やす方針で、都道府県の取り組み意欲を高め、健康寿命の引き上げにつなげる。

この交付金は国から都道府県にお金を配り、国民の健康増進や医療費の適正化につなげ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。