リブラに懸念相次ぐ 米公聴会、資金洗浄対策問う
フェイスブック幹部「規制従う」

2019/7/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=中西豊紀】米上院銀行委員会は16日、フェイスブックが2020年のサービス開始を計画するデジタル通貨「リブラ」についての公聴会を開いた。議員からはマネーロンダリング(資金洗浄)などの不正行為の防止や消費者保護のための措置に関する質問が相次いだ。一方、出席したフェイスブックの担当幹部は、スイス当局がサービスの監督を担うが、米国など他国の規制にも従う意向を示した。

公聴会はリブラを使った…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]