荒井が五輪切符 女子高飛び込み決勝へ

2019/7/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【光州(韓国)=堀部遥】水泳の世界選手権第5日は16日、韓国の光州などで行われ、女子高飛び込み準決勝で18歳の荒井祭里(JSS宝塚)が312.45点で10位となり、上位12人による17日の決勝へ進んだ。荒井は日本水泳連盟の定めた選考基準をクリアし、東京五輪代表に事実上決まった。決勝を棄権しなければ、全競技を通じて代表の女子第1号となる。

15歳の金戸凜(セントラルスポーツ)は28…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]