2019年8月23日(金)

武田薬品、iPSでがん免疫薬 第三者細胞で21年に治験

2019/7/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

武田薬品工業は16日、iPS細胞を使った新しいがん免疫療法を開発すると発表した。京都大学iPS細胞研究所との共同研究で生まれた「CAR-T細胞療法」と呼ばれるもので、2021年に臨床試験(治験)を始める計画。CAR-Tはスイスのノバルティスが「キムリア」の実用化で先行するが、キムリアに続く次世代型の開発で世界に先行する考えだ。

CAR-Tは「オプジーボ」と同じ免疫の力を活用した治療法。血液中の免…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。