2019年8月20日(火)

金融政策、デジタル通貨で機能失う恐れ 「リブラ」など IMF報告書が警鐘

2019/7/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=鳳山太成】国際通貨基金(IMF)は15日、米フェイスブックが発行をめざす「リブラ」などデジタル通貨に関する報告書をまとめた。マネーロンダリング(資金洗浄)など悪用の懸念に加え、中央銀行の金融政策が機能しなくなるリスクも指摘した。約27億人の潜在ユーザーを抱える「超国家通貨」に各国当局も懸念を強めており、主要7カ国(G7)は17日からフランスで開く財務相・中央銀行総裁会議で国際規制の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。