/

この記事は会員限定です

シャープ、賞与年4回に

戴社長「業績連動を強化」

[有料会員限定]

シャープの戴正呉会長兼社長は16日、日本経済新聞などの取材に応じ、現在は社員に年2回支給する賞与について「四半期ごとの業績に応じた年4回に変えたい」との考えを示した。今年度から半期ごとの個人や部門の業績に連動した賞与体系を導入したが「信賞必罰を徹底したい」とし、さらに迅速に業績を反映させる仕組みを検討する。

電機や自動車などの大手製造業では夏冬2回の賞与支給が慣例で、年4回は珍しい。台湾の鴻海(ホンハイ)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り391文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン