/

この記事は会員限定です

ボーイング「737MAX」運航再開、さらに遅れ

米報道、来年1月の可能性

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、2度の墜落事故で停止している米ボーイングの新型機「737MAX」の運航再開が2020年1月にずれ込む可能性があると報じた。制御ソフトの改修や米航空当局の安全認証の手続きに時間がかかっているため。航空会社の運航スケジュールや業績にも影響が出そうだ。

規制当局の担当者らの話として伝えた。737MAXは3月、エチオピアで2度目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン