夏商戦、冷やす長雨 「梅雨寒」で衣料や飲料低調

2019/7/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

関東地方を中心に長雨や低温が続き、小売りやサービス業界の夏の商戦が盛り上がらない。百貨店では衣料品やサングラスなどの季節物が伸び悩み、アイスや清涼飲料の売れ行きも鈍い。一方で屋内型のレジャー施設に客が流れ、気候の影響を受けにくい旅行商品は堅調だ。消費の現場では明暗も見られる。

停滞する梅雨前線や勢力の強いオホーツク海高気圧の影響で、東日本の太平洋側は6月下旬以降、晴れ間が少なく気温が低い「梅雨寒…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]