大嘗祭に備え麻収穫 徳島

2019/7/17付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

徳島県美馬市木屋平で15日、11月にある皇位継承の重要祭祀(さいし)「大嘗祭」で献上される麻織物「麁服(あらたえ)」の材料となる大麻が収穫された。今後、茎の繊維で紡いだ糸で織り上げられる。古代から麁服を調達してきたとされる「阿波忌部(あわいんべ)氏」の直系三木信夫さん(82)は「まだ糸にしていくための出発点。完遂できるよう尽力する」と話した。

4月に種まきされた大麻は青々と成長し、3メートルほど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]