/

この記事は会員限定です

ユニコーン創出 大阪一丸で挑む

「梅田を拠点に」官民で組織 支援メニュー きめ細かく

[有料会員限定]

大阪府と大阪市は経済界などと協力して、梅田へのスタートアップ企業の集積を加速する。国が重点支援するスタートアップ拠点都市を目指し、19日に準備組織が発足。府市の育成プログラムも一元化し、切れ目のない支援の流れをつくる。2024年の「うめきた2期」開業、25年の国際博覧会(大阪・関西万博)を前に健康・医療分野などの起業拠点を確立する。

国は19年6月、起業家や投資家を集中的に呼び込む「スタートアップ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン