「笑い療法士」が活躍

2019/7/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

医療や介護の現場では、笑いで患者の自己治癒力を高める「笑い療法士」が活躍する。一般社団法人癒しの環境研究会(東京・世田谷)が認定する民間資格だ。2005年から養成しており、これまでに医療・介護従事者を中心に約1000人が資格を取った。

がんなどの重い疾患にかかった場合、多くの人はショックを受けて気落ちしがちだ。うつ病になり、本来なら治る疾患でも病状の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]