文化往来大和四寺みほとけ展 名宝一堂に

2019/7/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

奈良県北東部にある4つの古刹の名宝を集めた「奈良大和四寺のみほとけ」展が、9月23日まで東京国立博物館本館(東京・台東)で開かれている。国宝4点、国の重要文化財9点が一堂に会した。

出展したのは岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文殊院。飛鳥時代に国中(くんなか)と呼ばれ古代政治の表舞台だった大和に点在して独自の仏教文化を育み、信仰を集め続けている。奈良市内の大寺に比べて地味な存在の4寺は近年、合同で参拝…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]