三菱重工資産も売却へ 元徴用工訴訟で原告側

2019/7/16付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ソウル=恩地洋介】韓国大法院(最高裁)が三菱重工業に元徴用工や元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らへの賠償を命じた訴訟で、原告弁護団は16日、同社の韓国資産の売却手続きに入ると表明した。原告側が設けた回答期限までに同社が和解協議に応じなかったためとしている。日本企業を相手取った訴訟を巡り、原告が売却手続きを取るのは日本製鉄、不二越に続く3社目となる。

原告の弁護団は6月、7月15日までに和解協…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]