韓国経済界調査「日本と対話を」48% 輸出規制受け政府に要望

2019/7/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国政府が日本政府との関係改善に乗り出すべきだとの声が韓国財界から上がっている。全国経済人連合会が14日に発表した緊急調査で、韓国政府が取り組むべきは「外交的な対話」だとする回答が48%と最も多かった。世界貿易機関(WTO)への提訴検討など強硬姿勢を崩さない韓国政府との温度差がにじむ。

日本政府が4日から半導体・ディスプレー材料3品目の輸出規制を強化したことを受け、全経連が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]