2019年9月18日(水)

石油メジャー、アフリカ照準 政情不安後退、ガス田開発 英BPはエジプト、英蘭シェルはタンザニア

2019/7/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【カイロ=飛田雅則】欧米の石油大手がアフリカでの石油・天然ガス開発を加速している。イタリアのエニは世界の投資の7割をエジプトに振り向け、英BPもエジプトが最大の投資先となった。西アフリカや東アフリカも政情が安定し外国企業が参入しやすくなり、ガス田開発が相次ぐ。地政学リスクなどを背景に、調達先の分散がエネルギーの安定供給に欠かせなくなっている。

エニは今年3月、エジプトの地中海沖で新たにガス田を発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。