/

この記事は会員限定です

「監査等委」1000社超 上場企業の3割弱

社外取締役中心に経営監視

[有料会員限定]

社外取締役を中心にした委員会が経営を監視する「監査等委員会設置会社」の仕組みを取り入れた上場企業が1000社を超え、全体の3割弱に達した。直近の株主総会で導入が相次ぎ、6月末時点で1年前より100社増えた。外部の目線によって経営の監督を充実させる。人数を増やすよう求められている社外取締役を、社外監査役を務めていた人の横滑りで確保する狙いもありそうだ。

監査等委員会設置会社は、国内で取り入れられて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン