2019年8月24日(土)

村田雪辱、王座奪還
怒濤のラッシュ 2回TKO

2019/7/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ボクシングのダブル世界戦は12日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で各12回戦が行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級は前王者で同級4位の村田諒太(帝拳)が王者ロブ・ブラント(米国)との再戦を2回2分34秒、TKOで制して9カ月ぶりに王座に返り咲いた。

村田は試合開始直後こそブラントの手数に手を焼いたが、2回に果敢に打ち合ってダウンを奪い、再開直後からラッシュを仕掛け、主審が試合を止めた。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。