/

この記事は会員限定です

AI人材、社内で育成

オリンパスなど開発で需要増

[有料会員限定]

精密各社が人工知能(AI)などに精通した人材の社内育成を急いでいる。オリンパスはAIの基礎を習得した人材を現状の2倍の150人前後に増やし、キヤノンは配置転換などでソフトウエア開発人員を拡充する。日本は米国や中国に比べAI人材の裾野を広げる体制が脆弱で、争奪戦も激しい。外部からの採用だけでは競争力の維持が難しく、自前主義で補う。

オリンパスは社内のソフトウエア開発のエンジニアに、AIの一種であるディープラーニング(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り687文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン