2019年8月25日(日)

「残薬」減少へIoTも活用

2019/7/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

薬の飲み忘れや飲み残しなど「残薬」による医療費の無駄は国内で年間500億円規模ともいわれる。製薬会社や医療機器メーカーは、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」などを駆使して残薬を減らす取り組みを進めている。

スイス製薬大手のノバルティスは粉末状の薬を口から吸う吸入器にIoTを活用する。慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の吸入器にセンサーを内蔵。クラウド上のシステムで利用状況を把握し、服薬して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。