タイ軍、薄氷の政権維持
プラユット新内閣が近く発足 19党連立、基盤にもろさ

2019/7/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

タイで国軍出身のプラユット氏を首相とする新内閣が7月中旬にも発足する。軍事政権は5年前のクーデターを主導した同氏を続投させるため選挙制度の改変など権謀術策をこらしたが、下院での支持勢力は過半数をわずかに上回るだけで「安定」を訴えてきた政権の足元は盤石ではない。19党連立というガラス細工の体制は前途多難だ。

「東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳と良い議論ができてうれしい」。6月23日、プラユッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]