2019年8月19日(月)

2期目の「遠藤金融庁」(上) 地銀改革、正念場に 適材人事で再編促す

2019/7/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

金融庁は遠藤俊英長官(1982年旧大蔵省入省=以下同じ)の続投が決まり、7月から新体制が動き出した。地方銀行の経営環境が厳しさを増し、再編などによる地域金融改革は正念場だ。「2000万円報告書」で注目を集めた老後の資産形成の課題も避けて通れない。2期目の「遠藤金融庁」を展望する。

「一歩を踏み出さなければ次の手も見えてこない。頭取にはリーダーシップを発揮してほしい」。遠藤氏は5月、都内の講演会で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。