/

この記事は会員限定です

人の細胞に薬物、遺伝子の反応予測

[有料会員限定]

九州工業大学 山西芳裕教授らは理化学研究所と共同で、人の様々な細胞に薬物を投与した際の遺伝子の働き方の変化を予測する手法を開発した。機械学習の手法を使い、観測データのない薬物や細胞、遺伝子の組み合わせでも実際の観測値に近い推測ができるようにした。創薬の効率化に役立つ成果だ。

創薬では、狙った病気にかかわる細胞に様々な薬物を投与し、遺伝子の働き方の変化から新薬候補になりそうな物質...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン