/

この記事は会員限定です

かんきつ類の成分活用、不斉合成の触媒作製

[有料会員限定]

京都大学 杉野目道紀教授、長田裕也助教らは化学組成は同じでも右手と左手のように立体構造が違う物質(鏡像異性体)を作り分ける「不斉合成」の新たな手法を開発した。かんきつ類の皮に含まれる「リモネン」の溶液に高分子を溶かし、作り分ける際に使う触媒を合成した。安価なリモネンを活用し、医薬品や農薬などを効率よく生産できるようになると期待している。

不斉合成では通常、触...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン